地域と共にあなたらしく
優しさ笑顔の輪がひろがる 安らぎの場

第三白梅学園

基本的生活習慣の支援

洗面・歯磨き・衣服着脱・食事・排泄・移動・入浴など、基本的生活習慣の自立を支援する。

体育活動・機能訓練・余暇活動

体力の維持と身機能の発達を図る。
クラブ活動・・・ソフトボール、バレーボール、ゲートボール
レクリエーション・・・旅行、スポーツ行事、社会見学など

対人関係

あいさつがよくできる人になる。

言葉の力を伸ばし、コミュニケーションを深める。
自己統制がとれる人になる。

自分の考えを主張でき、また他人からのアドバイスも聞き入れることができる。

家族や友人、職場の上司・同僚、地域の人と適切な距離感を保ち、良好なつきあいができる。

第三白梅学園が大切にしていること

 

利用者の意思および人格を尊重し、相手の立場に立った支援サービスの提供に努め、個別支援計画に基づき、日常生活上の介護や支援、適切な機能訓練、健康管理を行い、日常生活面の自立を図ります。また、生産活動の場を提供し、活動に取り組む中に働く喜びを体得し、作業への集中力、持続力、巧緻性などの習得を図ります。社会のルールやマナーを学び、社会的自立、地域移行も支援します。

活動の支援

 

■生活の支援

・身だしなみを整える。
・食事の準備、片付けができる。
・清掃、整理整頓、衣類管理、洗濯ができる。
・物を大切にする。
・自販機を利用する。

■社会のスキル

・暴飲暴食をしない、自己の健康、体調管理に気を配る。
・公共マナーを習得する。
・金銭の価値を知り、管理ができる。
・交通ルールを学び、交通安全に気をつける。
・生活計画を設計し、余暇の活用をする。

■社会の参加

・医療機関を利用する。 
・買い物をする。
・公共交通機関を利用する。
・施設レクリエーション行事や地域活動に参加する。


第三白梅学園

障がい者支援施設

[電話] 0944-74-0035

柳川市矢加部539